ターゲットを絞るのって、勿体ない?

こんにちは。

ミヤビカ笑顔担当ysです。


先日、友人から広告について相談されました。


お母様がお好み焼き店を経営されていて
地元の60代以降の方に愛されているそうです。

ただ集客に限界を感じているとのことで
今後は若い層にも来て欲しい。

そのために広告をうって効率的に集客をしたいのだが、
何を選べば良いかわからない。

という相談でした。



広告といっても様々なツールが存在しますもんね。


食◯ログ、ホット◯ッパー、ツイッター、インスタ、
Google検索上位表示、チラシ・・・など

何がどう良くて、一体何を選べば良いのか、
わからなくなるのもわかります。



私はお店に直接足を運んだことがなかったため、

そのお好み焼き店はそもそもだれをターゲットにした
店構えや商品展開をしているの?と尋ねました。

ターゲット層により、
効率的な広告の打ち方も変わってくるためです。




すると友人は



「ターゲット?そんなん、みんなや!」







・・・そりゃそうですよね(笑)


ターゲットをはじめから絞ってしまっては、
来てくれるはずだった人が
来なくなるかもしれない。

そう考えるのが普通です。



でも、私たちの世界では、まずターゲットを絞ることからはじめます。


どのような層へ集客するのか、
絞らなければこのように広告ひとつ出すにも迷ってしまいます。


例えば10代ならツイッターかもしれません。

20〜30代ならインスタかもしれません。

40代はfacebook?50代は?60代は?


・・・・・・・



年齢だけではありません。

性別は?
趣味は?
仕事は?


そこまで絞ってやっと、


どのような媒体に広告を出すか導き出せます。



私たちは見せ方、集客のプロです。

より効率的に、あなたのお店の魅力を発信したいものですよね。








では、いただきます♡


お好み焼き

お問い合わせ
scroll-to-top